ホリエモン(堀江貴文)のワクチン未接種者非難はアドバルーンかもしれない

なにやらホリエモンこと堀江貴文氏が、音楽活動仲間の方がコロナワクチン未接種であった事に激怒して、ユニットを解散したのだという。

この話題について様々な感想があるようですが、個人的にこれは「アドバルーン」なのではないかと思ったりもしています。

ホリエモンがワクチン未接種の相方と絶縁

Yahoo!ニュース

 実業家の堀江貴文さんと音楽デュオを結成していた「CEOセオ」さんが2022年7月22日、堀江さんとのデュオを解散したこ…

■「反ワクチンの人自主的に静かにわたしから縁を切ってください」

堀江さんとCEOセオさんは、2019年より音楽デュオ「ホリエモン&CEO」を結成。「NO TELEPHONE」「セケンテー」などの楽曲を発表している。

CEOセオさんは21日、ツイッターで「半年振り2回目のコロナ感染。また39℃の熱と頭痛でしんどいなぁ。。」などとして、新型コロナウイルスに感染したことを報告していた。

その翌22日。堀江さんはフェイスブックで以下のように報告した。

「一緒に仕事してた人が新コロのワクチン打たずに2回もまあまあひどい症状なってるの知って愕然としてる。それでも打たないって頭悪すぎ。社会悪。当然縁を切った。反ワクチンの人自主的に静かにわたしから縁を切ってください。ストレス溜まるんで」

~中略~

CEOセオさんは22日のツイッターで、堀江さんの対応に不満を露わにしている。

「ワクチン打ってないとボコボコに叩かれるんだ。流石にそこまで怒られるとは思わなかった。個人の選択というのはもはや形骸化して社会に乗っ取られてる。怖い」

堀江さんからワクチンの接種を勧められたものの、CEOセオさんは「今からでも言うこと聞いて打てばいいと言われましたが理解出来なかったです。そして打ってない私は反社とまで言われました。ね…」と、理解できないとして断ったという。

CEOセオさんはワクチンの接種そのものに反対しているわけではないとして、「コロナワクチンも両親は打ってもらってます」などとするも、接種については「誰かに強制されるものではない」とした。

出来れば元記事で全文をお読み頂ければと思います。

ホリエモンが共に音楽活動をしているCEOセオさんがコロナワクチン未接種だった事について不満を露わにし、絶縁するという行動をとり、それに対してCEOセオさんが遺憾を表明しているという状況です。

ホリエモンがそこまで「間抜け」だとは思わない

自分はそれほどホリエモンについて詳しくは知らないのですが、彼が現状のコロナ禍、コロナワクチン禍のデタラメに全く気付いていないとは思えません。

もちろんその可能性も無い事はないのでしょうが、言動があまりにも極端ですし、また彼自身の他の言動では比較的コロナ禍に対して批判的な主張もしているので、コロナワクチンについてだけこれだけ強固な推進姿勢を見せている点は、明らかに異様です。

しかもこの記事を読んだ印象としても、CEOセオ氏の主張の方が断然理知的な反応のように思える点も、どうしてこのような立場をホリエモンが買って出ているのかは今一つ不明です。

単にコロナワクチン接種促進を担っている事で、特に比較的若い世代に対して「コロナワクチンを接種しないのは馬鹿」というような印象を強く植え付ける意図でやっている可能性もありますが、それにしては手法があまりにも強引に映ります。

そう考えていると、なにか他の意図があるのではないか?なんて事も思えてくるわけです。

両者の主張を見た一般大衆の反応を見ている?

自分が思い当たった動機としては、今回の騒動を世間一般がどのように受け止めるのか、それを見ているのではないか?というものがあります。

これと似た話として、外務省が主導する形で、ウクライナの首都の呼称がキエフからキーウに変わったというものがありました。

ヒヨリミ

ロシアによるウクライナ侵攻、これによって悲劇的な状況におかれている市民というのは、確かに存在しているのだと思います。 そ…

これについても自分は、こういった行動を国が取った場合、一般国民はどのような受け取り方をするのかを観察しているのではないかと思っていました。

結果としては、このような「間抜け」な行動も、テレビで盛んに喧伝された「ロシア悪、ウクライナ善」のプロパガンダによって、なんとなく肯定的に扱う人が多かったようですが、その事実をつぶさに観察していた存在がいたのだろうと自分は睨んでいます。

これと同様に、今回のホリエモンvsCEOセオ騒動に対して、世間がどのような反応を示すかによって、現状の世論がワクチン接種について、そしてワクチン接種の(事実上での)強制化というものについてどのように捉えるのかという事を、つぶさに観察しているのではないかと思えてなりません。

つまり今回の件について、明らかにホリエモンの主張はおかしいという声が大きければ「日本においてワクチンの強制接種は難しい」という事になりますし、逆にホリエモンを支持する声が多数派であるなら「これならワクチン接種を義務化しても大丈夫そうだ」と判断するような事もあり得るのかも知れません。

もちろんこれは、単なる個人的な妄想です。

しかし、今回の出来事が何を意味するのか、単なるワクチン接種キャンペーンなのか、それとも世論調査的な側面を備えているのか、何れにしても我々国民としては、ワクチン接種の強制、義務化に対しては明確に反対の意を表明せねばなりません。

そのためには、ワクチン無接種者だけではなく、ワクチン接種側の人達にも「接種はあくまでも任意」という点で合意して頂かなければいけません。

そういった意味で、ワクチン接種反対派の我々としても、ワクチン接種賛成派の皆さんとある程度は仲良くしておく必要があるという点を、そろそろ強く認識しておいた方が良い時期になってきたのかも知れません。