コロナワクチン後遺症の事を知りながら追加接種をする心理

コロナワクチン接種による後遺症への認知が広がって来たようです。

ツイッターでも「#ワクチン後遺症」のタグがトレンド入りしているとの事です。

それ自体は良いのですが、コロナワクチン後遺症への理解と共に、ワクチン接種の不必要性、ワクチン接種が逆効果になる事、こういった視点も広く伝播する事が必要でしょう。

ワクチン後遺症の事を知りながら追加接種を受ける人達

ワクチン接種者(追加接種者)の全員が必ずしもコロナワクチンが安全安心で効果抜群だと思っているわけではありません。

ワクチン接種による副反応のつらさ、後遺症の問題についても一定理解している人はいるのでしょう。

また効果についても、さすがに「ワクチンを打てばコロナに感染しなくなる」というような事を思っている人は、今となってはほぼ皆無だろうと思われます。

しかしそれでも打つ、なぜ打つのかですが、これは主に二つの要因があるのだろうと想像できます。

後遺症や効果への疑問はあっても、「コロナ収束のために打つ必要がある」と思っている

後遺症のリスクを承知であっても、接種した場合の効果が必ずしも明確ではないとしても、「それでも接種した方が良いのだろう」と思っているので追加接種をするという人。

こういった方の場合、なんだかんだテレビや政府、世間で接種が進んでいるワクチン事態について、根本的な所では信用しているので、「これだけ打った方が良いと言っているのだから、後遺症のリスクがあったとしても打った方が良いのだろう」と考えているのだろうと思われます。

後遺症のリスクや接種の効果を天秤にかける事自体を行っていない

後遺症のリスクがあるにしても接種した方が良いのだろうと思っている人と違い、こちらの場合にはそもそも「リスク」と「ベネフィット」を天秤にかけるという事自体を行っていません。

テレビや政府、世間での言説に対する信頼感の高さは前者と共通していますが、後遺症のリスクというものに対して接種する意義という視点を考える必要がない分、いくら後遺症のリスクを伝えても、より響きづらいのはこちらのケースでしょう。

それこそ極端な事を言えば、「接種すると必ず死にます」と言われたとしても、接種のリスクとベネフィットを天秤にかけていないので、それでも接種する・・・なんて事が生じないとも言い切れません。

「周囲との関係などのために必要」と思っている

後遺症のリスクを承知しており、ワクチンの無効性や逆効果となる可能性といった点についても把握しているものの、職場や生活環境での接種圧力を考えて、接種した方が良いと判断している人。

とくに職場での接種圧というものを考えて、打ちたくないけど打つ(本人としては打たざるを得ないと考えている)という選択をしている人は結構いるようです。

とくに医療従事者の場合、半ば接種を義務化されているような環境もあるという話を聞きますし、そういった押し付けに対して抵抗しづらいというのは率直な所としてあるのだろうと思われます。

人間は錯覚の中で生きている

他の記事でも語りましたが、マスクの着用にしろワクチンの接種にしろ、我々人間は多くの事を錯覚した状態で生きています。

ですから、ワクチンを接種しても平気でコロナ感染(といっても実際にはPCR陽性判定)になり、重症化もする中、どうしてツライ副作用や重い後遺症の危険を背負ってまでコロナワクチンを接種するのか?と疑問に思う人も多いとは思います。

しかし我々はあらゆる事を錯覚して生きていますので、理路整然とした思考、行動が成立している状況の方が実は少ないとすら言えるのではないでしょうか。

そういった意味では、世間の多くの人達は、テレビに映る世界を「世の中」として認識して、テレビで語られる常識を「普通の事」として捉え、テレビで喧伝されるコロナの恐ろしさに慄き、それに対応するワクチン接種についても当然の事として受け入れるわけです。

これらが全て幻、錯覚だとしても、それを平然と受け入れるのが人間というものなのです。

こう考えていくと、テレビの影響下にある方々にワクチン接種を思いとどまってもらう事が如何に困難な事であるかを再認識させられます。

しかしそれでも、一人でも多くの人に現状の危険性を伝えたいのであれば、人間が錯覚の中で生きている事を理解した上で、より腑に落ちる錯覚を相手に提供するという姿勢が必要なのかも知れません。

その上で、とりあえずワクチン後遺症のリスクを伝えるのは大いに結構ですが、それだけではなく、こういったリスクがあり、それに対してワクチン接種で得られるものはこう(といっても実質ありませんが)であり、そう考えた場合にコロナワクチンを接種する事は得策ではないのではないか?という思考のパッケージとして、多くの方へ拡散して頂ければと願います。

職場でのワクチン接種圧力にお困りの方

職場での接種圧に耐えかねて・・・という方に一言申し上げたいのは、「これは打たざるを得ない」と確信的に思っているその思考自体が錯覚であるという事です。

もちろん、そう思わせるだけの圧力をかけられているのだと思います。

しかし、それをどう受け止めるか、あるいは受け流すかというのは、自分の対応次第で今後の展開を大きく変える事が出来る問題ですので、決して「打たないわけにはいかない」と諦める必要はありません。

ここで重要なのは、ボールを相手側に渡してしまう事です。

ヒヨリミ

医療関係の実習生がコロナワクチン接種を事実上強制されているとの事。 多くの医学生や看護学生が、mRNAワクチンを実質強制…

医療系の実習生であれば、「私はワクチンを接種しません。ワクチンを接種せずに実習を受ける権利は厚労省もハッキリ認めています。ですから私はワクチンを接種せずに実習を受けさせて頂きます」というように主張して、あとは相手方の出方を待ちましょう。

ここで忖度して、「もし実習を受けられなくなったら困るから、打ちたくないけどコロナワクチンを接種するしかないか・・・」というように動いてしまうとどうにもなりません。

繰り返しになりますが、組織が一個人へコロナワクチン接種を強制する事は非常に難しく、出来れば決定的な行動(解雇やワクチン未接種を原因とする受入れ拒否など)は取りたくありません。

ですから、もし組織から要求されているコロナワクチン接種を拒みたいという事であるなら、自分の権利を主張して、決して自分から忖度して動かず、相手に行動させる(行動する事を諦めさせる)事が大切です。

自分から忖度して動いてしまう(接種しないと仕事を止めさせられるんじゃないかと思ってワクチン接種に応じるなど)と、事態は好転しません。

あくまでも自分の思いを告げて、それに対して相手方(勤め先など)がどう出て来るかをじっくりと待ちましょう。

そこで極めて理不尽な対応をされたら、然るべきところに相談するのが宜しいでしょう。

コロナワクチン被害者駆け込み寺

当会では被害に遭われた方々に対し医師、弁護士と共同で救済活動を行なっております。被害に遭われた方々への救済の一環としてワ…

こういった相談を聞いてくれる組織もありますので、相手方の対応次第では相談してみる事を強くお勧めします。

雇われている身であると、どうしても色々と忖度して動いてしまいたくなるものですが、コロナワクチン接種を強制する事は、雇用主側としても非常にリスクの高い行動ですから、こちらが忖度して動かなければ、意外と事態は好転する可能性を秘めています。

くれぐれも、自分のなかで結論を付けて諦めないでください。