コロナ禍、コロナワクチン禍について手のひら返し、トカゲのしっぽ切りが始まる兆候【ワクチン死因果関係認定と尾身会長のコロナ対策発言】

コロナ禍やコロナワクチンについて、この2年半分ほど途方もないほどのウソが世間でまかり通って来ました。

あまりのゴリ押しっぷりに、流石に気付く人も多いだろう・・・と思ったら、案外そうでもないような現状を見て、やや絶望的な心地となっている方もいるのかも知れません。

個人的にはそれほど絶望的な認識ではなく、極めて前向きに今後の行く末を自分なりに生きて行こうと思っています。

そんな現在、コロナ禍界隈の動きに変化が訪れ始めました。

それは、コロナ禍やコロナワクチン被害についての「手のひら返し」、さらには「トカゲのしっぽ切り」の兆候が表れ始めた事です。

尾身会長がマトモな事を言い始めた

Yahoo!ニュース

 第7波の感染拡大が止まらない。24日の新型コロナウイルスの新規感染者数は17万人を超え、日曜日として過去最多を更新した…

 耳を疑った視聴者もいたのではないか──。24日のNHK日曜討論で尾身氏は「従来までは国、自治体が国民にお願いし、国民が従うというフェーズだった。今は、いろんなことを学んできたので一般市民が主体的に自分で判断していろいろと工夫するフェーズに入った」と強調した。

「一般市民が自分で判断」とは聞こえがいいが、要するに「自助で何とかしろ」ということだ。コロナ禍の2年半、コロナ対策は的外れなものが多く、後手対応も目立った。政府に従った国民は多大な犠牲を強いられた。その張本人である政府分科会の責任者が、今度は「一般市民が主体的に」とは、視聴者が呆気に取られても不思議はない。

尾身会長が比較的まともな提言をしています。

これが何を意味するのか、尾身会長がどういった立ち位置の人なのか、そういった事を考える切欠になる話ではないでしょうか。

これまでも、尾身会長は比較的まともな発言をする事もチラホラとありました。

個人的には、少なくとも尾身会長は現状のコロナ対策がデタラメである事は良く把握しており、それを把握した上で「何らかの理由」によって国民を誤った方向へ誘導する役割を演じて来た人物だと認識しています。

それが私利私欲によるものなのか、何か極めて強権的な圧力に屈した結果なのかは不明ですが、今回の発言とそれに対するマスコミの反応をみて感じたのは、尾身氏は「トカゲのしっぽ」だろうなという事。

トカゲのしっぽを切る作業が、これから進んで行くのではないかと、その兆候を感じずにはいられません。

河野デマ太郎氏も「トカゲのしっぽ」

同じポジションとして、河野元ワクチン担当大臣がいます。

自分の見立てでは、彼はコロナワクチンについて正確な情報は何も知らないのだろうと思っています。

というのも、自分がもし彼をコロナワクチン接種の旗振り役として活用しようとする側の人間だったとしたら、彼に様々な真相を伝えた上で、「日本国民に出来るだけ多くワクチンを接種させなければいけないから、上手く騙してワクチン接種へ誘導してくれ」というような伝え方はせず、彼が本当にコロナワクチンは有効なものであると認識できるような話をして、お抱えの医師を使ってコロナワクチン賛美思想を刷り込み、コロナワクチンを危険視する人間を「反ワク」として敵視する(これは放っておいても河野氏なら喜んでやってくれるでしょうが)方向へ仕向けるでしょう。

何しろ、河野氏に詳細な事実を知った上で上手に国民を騙すような能力があるとは到底思えません。

何とかとハサミは使いようとも言いますが、河野氏の能力を最大限に活用するためには、彼自身をワクチン教徒にしてしまうのが一番効率的かつ効果的なやり方だった事は想像に難くありません。

ワクチン接種後死亡の因果関係を初認定

日テレNEWS

新型コロナワクチンの接種後に亡くなった91歳の女性について、厚生労働省の審査会は25日、ワクチン接種との因果関係を認定し…

新型コロナワクチンの接種後に亡くなった91歳の女性について、厚生労働省の審査会は25日、ワクチン接種との因果関係を認定しました。コロナワクチン接種後の死亡で一時金の支給となるのは初めてです。

厚労省の疾病・障害認定審査会は25日、新型コロナワクチンを接種後に急性アレルギー反応と急性心筋梗塞で亡くなった91歳の女性について、因果関係を認定しました。

新型コロナワクチンの接種後の死亡で因果関係が認定されたのは初めてです。

これまで一件も因果関係が認定されてこなかったコロナワクチン死について、厚労省はこの度初めて91歳の女性について因果関係を認定したとの事。

これをどう見るのか、蟻の一穴となるのか、そうなった場合政府への信頼や財政的な支出はどうなるのか、あるいは単なるガス抜きのような役割で終わるのか、詳しくは今後の展開を注視したい所です。

しかしこれによって、河野氏が印籠の如くかがけて来た「コロナワクチン接種では一人も死んでいない」という言説が、完全に崩れ去りました。

少なくともこの点については、河野氏は謝罪と釈明を求められるのは間違いないでしょう。

個人的には、こういった形で手のひら返しが顕在化していくのかなと思っていますが、どういった推移を辿るのか注目です。